natsuno hiraiwa さんの「花と風と展」がはじまります。
 風薫る5月。
 natsuno hiraiwaさんの「花と風と展」が国立の「room103」で始まります。
 仕事や暮らしそのものがオーガニックな雰囲気を感じさせる
 平岩さんの丁寧な服作りと、丁寧な接客や空間づくり。
 いつも多くの「学び」をいただいています。
 今回は国立に帰ってroom103で永井久恵さんのお花販売とのコラボです。
 国立駅からroom103にいたる道のりは素敵な店が増えてきて
 春の散歩道としても楽しみです。
 一人で行くか、連れ合いで行くか……
 会場でどんな服やお花に出会えるか、
 今回は5月29日か30日にお邪魔します。

c0138020_1947143.jpg


(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。


東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-05-17 19:48 | わたのはな
奥出雲オーガニックコットンの種蒔き
 5月10日は「コットンの日」
 島根県奥出雲町でオーガニックコットンの種蒔きを行いました。
 今年の面積は4反、約1200坪(約4000㎡)。
 前日まで雨の予報が、からりと晴れて、絶好の種蒔き日和でした。
 参加者は奥出雲オーガニックコットンプロジェクトの主力メンバーと地元の有志、約20名。 
 有機JAS認定農場に前日より黒マルチシートを張り、一穴に3粒ほどの綿の種を蒔きました。
 今年の種はアカラ種、スーピマ種、○○○種の3種類。超長綿の2種に期待が集まります。
 5月種蒔き終了。
 5〜7月、人力で雑草と害虫対策。
 7〜9月開花。白い花が咲き、それがピンクに変わると実がつきます。 
 10〜11月蒴果。綿の実が一株に30〜60個つき、はじけて白い綿が飛び出します。
 11〜12月収穫。
 今年は3年目ですが、種自身が奥出雲の気候に適応して立派な綿花を実らせてくれるような予感がしています。
 農薬や化学肥料を使わない自然農業や有機農業は植物が主役。
 私たち人間はその生命力を信じて、状況に応じて必要なサポートができるかどうかが役割です。

 
c0138020_15554957.jpg

 
c0138020_15563574.jpg

 
c0138020_1557126.jpg

 
c0138020_15574140.jpg

c0138020_1643984.jpg



(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。


東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-05-12 16:00 | わたのはな
田植えに行ってきました。
 こどもの日の早朝、伊豆大島沖地震の直後に出発して、千葉県鴨川遊学の森のオーガニック田んぼに田植えにいってきました。
 7〜8年前から参加していたトラストですが、3年前の東日本震災以降、多忙を極めて行けなくなっていたものです。
 田中さん、阿部さん、上田さん達、お世話になっていた懐かしい面々に、新しい参加者が加わって、にぎやかで、楽しい農作業でした。
 作業風景の写真を掲載します。

c0138020_7534748.jpg

c0138020_754824.jpg

c0138020_7542997.jpg

c0138020_7545435.jpg

c0138020_755191.jpg

c0138020_7553876.jpg



(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。


東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-05-06 07:36 | わたのはな
「kWh=¥」(村上敦著 いしずえ発行)を読む
 都市計画•環境ジャーナリスト村上敦さんの「kWh=¥」(キロワットアワー•イズマネー)を読んでいます。
 副題は「エネルギーが地域通貨になる日、日本は蘇る」。

c0138020_18554364.jpg


 この著書は、「日本のエネルギー自給率4%」という現状に対して、「省エネルギー」「地域暖房」「再生可能エネルギー」などへの対応を進め、日本での持続可能な社会づくりへの取組みを進めること提案しています。

 その際ドイツのいくつかの地域での実践にもとづいて、エネルギーを「地域通貨」とみなして、原子力や化石燃料に依存しないエネルギーへの移行を単にエネルギーの技術的側面にとどめることなく「ヴェント」つまり「新しい社会づくり」ととらえているところが、著者の新しい視点と言えます。

「本書は、…人間が経済活動をする上で最も大切なことの指標である『将来の人口推移」について取りまとめた第一章、個人が幸せになるために、具体的にどんな考え方で、」個人個人んがどんな行動ができるかを取りまとめた第二章、そして企業や行政、政治等、仕事をする一人の人間として、一つの組織として、どんな考え方、どんな行動ができるのかをとりまとめた第三章、最後にここで提言して来た方々の幸せにつながるのかどうかを考察した第四章という、四部構成で書かれています。」(P4前掲書)

 その内容を検討していくにあたって、著者が第一章でも使用している日本での人口推移にもとづく「国土の長期展望」について、国土交通省の新しい資料(平成23年2月21日)を以下にあげておきます。

 
c0138020_18153295.jpg

 
c0138020_1816893.jpg


 特に3つ目の「我が国の人口は長期的に急減する局面に」では今から35年後の2050年には日本の人口が9500万人となり、85年後の2100年には日本の人口は6000万人から3000万人の振れ幅で減少することが示されています。そして4つ目の地域別人口増減表では、2050年の人口増減状況は、人口が増加する地点は東京、名古屋圏を中心とする2%のみで、残りの98%は減少。その内60%以上が50%以上の減少で、そのほとんどの地域経済が崩壊し、全体の居住地域の20%が完全に無居住地域(荒野)となることが示されています。

 このような、そう遠くない国土崩壊の将来予測に対して、日本のほとんどの論者が有効な長期展望、戦略、政策を打ち立てることができていない状況の中で、国民の大多数を占める385万社の中小企業と地域住民はどのような活動(生きること)の転換をしていけば良いのか?

 単なる「エネルギー問題」にとどまらない社会問題に対して、この著書が何を提起しているのか?
その内容を学びつつ、検討していきたいと思います。


(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。


東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-04-20 18:57 | わたのはな
島根X東京「女子百花」
 奥出雲オーガニックコットンでご縁ができて3年目。
 天衣無縫と交流が深まっている島根県奥出雲の女子会の皆さんが自前で作られた「女性の生き方紹介ブック・女子百花」が届きました。
 きれいな表紙に「都会」と「田舎」に生きる女性達のみずみずしい生き方が紹介されています。
 巻頭4〜5ページに、奥出雲女子会リーダーの内田咲子さんと玉川店店長の瀬上尚子の対談記事が載っています。
 ご興味のある方には、天衣無縫各店で差し上げておりますので、スタッフにお声がけください。

 
c0138020_9581229.jpg

 
c0138020_9584094.jpg

 
c0138020_959815.jpg



(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。


東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 
 
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-04-17 10:00 | わたのはな
オーガニックないのちの洗濯
 2日前から伊豆高原に来ています。
 ここは、断食療法や玄米自然食を中心とする療養所です。
 10年ほど前から2年に一回位のペースで来ていますが、最近は若い女性の予約で3ヶ月先ぐらいまで部屋が埋まっている状態です。

 主なコースは以下。
1、3日断食3日捕食の断食コース。
2、週末1日半断食1日半捕食コース
3、自然食半減食コース(通常食の3分の1くらい)
4、自然食正食コース(通常食の半分くらい)
 
 今回の私は玄米を主食とする自然食正食コース。
 1日2回の食事に使用されている材料は無農薬玄米と近隣でとれた有機野菜や薬草、そして近くの海でとれた魚介類など。
 天塩、有機醤油、黒砂糖、ごま油等で絶妙の味付けがなされています。

 食養以外のメニューではマッサージ、吸い玉療法、干渉波療法(EMS)、ひまし油湿布、岩盤浴などの施術が組み込まれており、気功体操、ヨガ、生活習慣改善講座などがあります。

 朝6時から夜10時まで入れる天然温泉等も魅力です。

 静かで、緑が多く、空気がきれいなので、私にとっては都会の忙しい仕事と生活で疲れた体を癒すには最適の場所になっています。

 一日目は体の痛んだところの反応が出て、2日目位から好転し、3日目には身体の中から喜んでいる声が聞こえます。まさにいのちの洗濯ですね。

 オーガニックの仕事をやっているとはいえ、都会の非オーガニックな環境で崩れてゆく心身のバランスを都心から3時間程の伊豆高原の療養所で補正できる。

 ありがたいことだ思っています。
c0138020_16101540.jpg

c0138020_16112055.jpg

c0138020_16113627.gif

c0138020_1611521.jpg


(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。


東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 
 
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-04-13 20:27 | わたのはな
静岡地裁で袴田巌さんの再審開始が決まりました。
 本日、静岡地裁で無実の死刑囚、袴田巌さん再審が決まりました。
川崎新田ボクシングジム会長新田渉世さんや、フクイのカレーの福井英史さんをはじめとする、多くの関係者、支援者の皆さんの長年のご努力の結果だと思います。
 地道な活動の持続に慎んで敬意を表します。おめでとうございます。
 新たな到達点から、袴田さんの即時の釈放と完全無罪を求めて、及ばずながら今後の活動を共にさせていきたいと思います。 がんばりましょう!

c0138020_17313867.jpg

c0138020_1732359.jpg

c0138020_17324293.jpg

c0138020_17331691.jpg



(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。


東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 
 
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-03-27 17:34 | わたのはな
natsuno hiraiwa さんの春の展がはじまります。
 桜の開花予想がささやかれる季節、代々木上原でnatsuno hiraiwa さんの春の展が始まります。

 今回の展示会はnatsuno hiraiwaさんの服と、くまがいのぞみさんの器と、藤川孝之さんの絵葉書の3人展です。

 いつも静かな、でも新たな刺激をいただくnatsunoさんの季節展。今回はどんな作品や人に出会えるか…? 今からとても楽しみです。 今週末の28日午後、お邪魔する予定です。

 
c0138020_14553423.jpg

 
c0138020_1456196.jpg

 
c0138020_14564681.jpg


 
(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。


東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 
 
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-03-24 14:57 | わたのはな
オーガニック認証審査で泉州に来ています。
 昨日よりオーガニック製品認証の年次審査で日本で一番古いタオル産地の泉佐野に来ています。
 認証基準はオーガニック認証の世界基準で最も厳しいと言われている「GOTS.」。
 正式名称は「Global Organic Textile Standard」(オーガニック繊維世界基準)。
 誰が名付けたか知りませんが、いかにも「グローバリズム」な感じの……な響きですね。
 そもそも「オーガニック」とは、日本でも「身土不二」とか「地産地消」と言われているようにいるように自然環境(地域の生態系)との共存共生と持続性をめざすものですから本質的に「ローカル」なもの。

 日本には農産物や加工食品については「有機JAS」がありますが、繊維製品の認証基準がありません。
 
 これまで繊維製品の認証基準(らしきもの)と言われていたのは、いくつかの任意団体が立ち上げたものがありましたが、それらには第三者機関の専門審査員による実地審査がありませんでした。
 
 一方でアメリカのNPOによる国際基準は、「5%」以上のオーガニック混率を「オーガニック製品」と認めていますので、社会性のある純度の高いオーガニックブランドをめざしている天衣無縫には満足できないものでした。

 結果として、消去法で「GOTS」。

 という訳で、不満を審査員にぶつぶつ言いながら、2日間の審査を終わりました。
 認証が無くても「天衣無縫」というだけで原料、技術、デザイン、管理すべての点でお客様から最高のオーガニック製品と認められるように努力することが当面の目標になります。

 「オーガニックの天衣無縫」と言わなくても「天衣無縫」そのものが世間で最高のオーガニックであることをイメージされる状態をめざすこと。

 これがオーガニックコットン21年目の「天衣無縫」の新たなヴィジョンです!

c0138020_14535425.jpg

c0138020_14542255.jpg


(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-03-14 14:56 | わたのはな
震災復興支援「明日へのエール」
 明日(3月5日)より一週間、日本橋高島屋1階の正面入り口付近で東日本大震災復興支援のイベントが繰り広げられます。
 東北コットンプロジェクトチームも商品販売とトークショー(3月9日)などで参加します。
 著名なアーティストやミュージシャンが参加する魅力的な催しが目白押しで、私も3月9日(日)午前11時からの「トークショー」に出演しますので、お時間の許す方はぜひご来場ください。

c0138020_22372652.jpg
 
c0138020_22374636.jpg


(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-03-04 22:38 | わたのはな
東北コットンプロジェクトの総会に参加しました。
 2011年3月11日の東日本大震災から3年がすぎました。
震災直後から活動を開始し2011年6月に発足した東北コットンプロジェクトも、昨日の総会から4年目の活動に入ります。
 参加企業も大小合わせて約90社となり、前向きな議論が行われて、新年度の活動が始まりました。

 昨年度は天候不順や綿花生産の経験が不足していること等から、収穫量がが377kgと昨年度を下回ってしまいしたが、使用する糸量は約10トン強となり、新たな商品が生産されていきます。

 農業はまさに「山あり、谷あり」。自然が相手なので、相手のせいにする訳にはいきませんね。自分たちのやり方を反省して、自然から学んで一歩ずつ前進しなければなりません。

 天衣無縫は昨年度は最終的に約6トンの糸を使わせていただいて、1年間でほぼ90%の商品を販売することができました。おかげさまで最終消費者のお客様にご好評をいただき、品切れになる商品もいくつか。

 東北コットンプロジェクトの目的は「東北復興支援」つまり「復旧」ではなく、チーム全体の力で、東北に新たな経済とコミュ二ティを創造することにあります。

 活動を通してこの理念に共感していただくことが大切ですが、商品は商品としてそれ自体のデザインや機能等のクオリティを最高レベルに高めるものづくりが必要です。メーカーとして現時点でできる最高水準のものづくりをして、お客様にご満足いただくこと。この点では東北コットン商品と他の商品は全く変わりません。

 農業者は農業の世界で最高水準の作物を作り、工業生産者はその世界で技術の粋をあつめ、商業者はデザインや接客サービスの面で最大限の努力をすること。異業種のプロフェショナル同士の真剣なコラボレーションが実現し、それを全国のお客様が認めてくださった時に、東北コットンプロジェクトがビジネスとして自立することになるのではないでしょうか?

 「東北復興支援」を売り物にせず、商品をして商品語で自身を語らしめること。購入されたお客様が後からそのストーリーを知り、ファンになってくださるような展開。農ー工ー商の当事者としてはそのような心構えが必要ではないかと思いました。

c0138020_125389.jpg



(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-03-04 12:08 | わたのはな
「乗るのが怖い」(長島一茂著/幻冬社新書)を読む
 大雪の日、若葉町の隠れ家で長嶋一茂さんの「乗るのが怖い(私のパニック障害克服法)」を読了しました。

 「今、パニック障害という病気に悩んでいる人は、いったい、どのくらいいるのだろうか?……私の感覚からすれば、百人いれば少なくとも四〜五人はパニック障害ならずとも、軽いうつなどの精神疾患に悩まされている。そして私もその一人である。」という書き出しで始まるこの本は、ミスタージャイアンツ長嶋茂雄さんのご長男にして、元プロ野球選手、長島一茂さんのご自身の体験に基づく「パニック障害克服法」であり、同種の病に苦しんでいる多くの人々への「生き方」の指南書です。

 第一章 私のパニックヒストリー
 第二章 孤独と飢えを味方にするススメ
 第三章 孤独と飢えを味方にする方法
 第四章 孤独と飢えを味方にする考え方
 第五章 もっと楽に生きるために/この病気と向き合って得たこと

 という目次からも明らかなようにこの書は、「孤独と飢えを味方にする」というキーワードにその内容が含まれています。

「一日一食、孤独と飢えが人間を強くする」(p82)
「一日、短時間でもいいから自分を孤独にする。」(p83)
「引き算をして、自分を削りシンプルに」(p90)
「親鸞上人の教え、自分を偽善者だと思う」(p92)
「医師や薬に頼る前に、自分がどうあるべきかを考える」(p143)
 ……………
 以上は奇しくも、20代後半に私自身が陥った「危機」を乗り越えて来た経験と全く共通するものでした。ヨガ、2週間の断食、一日一食主義、玄米菜食、麦飯減食法などなど。そしてこの体験が今日の天衣無縫のオーガニック事業に結びついてきたことを考えると、感慨もひとしおです。
 その意味でこの本は広義の「オーガニックな生き方」の参考書であり、ここには、同種の病に悩んでいるより多くのみなさまのみならず、現代を生きるすべての人々への応援歌でもあります。
 
 文章も簡潔で、読みやすいので、ぜひご一読をおすすめいたします。
 
c0138020_034386.jpg





(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 


 


 
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-02-17 00:24 | わたのはな
わが家のオーガニックライフ・食(1)
 40年前に健康を害してから始めた桜沢如一さんの「無双原理」にもとづく玄米菜食療法が、今にして思えば私(わが家)のオーガニックライフのはじまりでした。
 桜沢如一さんのお弟子さんが、今日の「マクロビオティック」で有名な久司道夫さんですから、結構古い話になりますね。
 その後、沖正弘さんの「沖式ヨガ」に学びながら、甲田光雄さんの断食療法を取り入れて、麦飯を主食にした菜食小食法で、化学薬品を使わずに難病を克服してから、今では食べたいものを食べて、ほとんど薬も飲まずに仕事と生活を続けることができています。
 そんな私の最近の楽しみは、毎週お届けいただくパルシステムさん(旧名「首都圏生協事業連合」)の自然食品とエコロジー雑貨の総合カタログ「きなり」です。
 50ページに及ぶ「きなり」には、その季節にとれる、野菜、果物、魚、肉、穀物から、加工食品、缶詰、酒、調味料にいたるまで、「安心安全」で「美味しい」食材が満載。
 またパルシステムでは天衣無縫のオーガニックコットン製品をもう10年以上、お取り扱いいただいています。米国ニューメキシコ州エルパスにあるドーシ・アルバレスさんの綿花畑でとれたオーガニックスーピマ綿を使った、肌着やタオルやウェアが定番品として人気があるようです。
 このように仕事上のお客様でありながら、そのお客様の商品全体がわが家のオーガニックな暮らしに不可欠の生産物になっているという関係。最近は商品カタログに加えて「のんびる」というライフスタイルマガジンが通算で88号まで発刊されていますが、そんなこんなについて折に触れてご紹介していきたいと思います。

c0138020_17131939.jpg

c0138020_17134056.jpg


(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 


 
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-01-27 17:14 | わたのはな
NHK新会長の「問題発言」
 25日のNHK新会長の就任会見での籾井勝人会長の「特定秘密保護法はしょうがない」「国際放送で政府の考えと真逆になることはない」「従軍慰安婦はどこにでもあった」…等の発言が波紋を広げています。
 どちらかというと正反対の論調になることの多い東京新聞と産經新聞が同時に一面でこの問題を取り上げていたので、添付しておきます。
 今回の問題はこのような人物がNHKという「公共放送」の会長に選ばれること自体に問題があると感じたので、NHK会長の「就任」がどのように行われるのかをちょっと調べてみました。
 まず「NHK」の組織について正式名称は「日本放送協会」といい、日本の放送法に基づいて設立された「特殊法人」で総務省(旧郵政省)が所管することになっています。
 その最上位に位置するものは「経営委員会」と「監査委員会」で、その次に「会長職」が位置するようになっているそうです。そして「経営委員長」がCEO(経営最高責任者)であり、会長はCOO(最高執行責任者)とされていますが、経営委員長が非常勤であることから、会長が実務の実権を持っているとのこと。(以上、Wekipediaより)
 さらに12人の経営委員が「両議院の同意を得て内閣総理大臣が任命する」ことから、今回の安倍政権と両議院のような関係になると、内閣総理大臣が意のままになる人物が会長に就任する可能性が大きくなるということです。
 なるほど、ですね。
 NHK人事と「特定秘密保護法」の強行採決は安倍政権からすれば不離一体の関係にあったのですね。とすれば、その「偏向」をどう防ぐかがさしあたっての課題ということですね。

c0138020_1204062.jpg



 (written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 


 
 
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-01-27 01:23 | わたのはな
アジアの資産家の日本買い
 銀座の一等地のビルの競売や都心の億ションや不動産の売買にアジアの資産家の参入が増えているという情報が流れています。
 
 「アベノミクスの定着で、日本の不動産への期待が高まったこと、さらに何よりも円安に振れたことが大きい。シンガポールや香港の富裕層からすれば、今までよりも2割は安く購入できるようになったのだから、アジアの富裕層にとって日本の不動産は劇的に投資妙味が出てきた」(「週間ダイヤモンド1/18号」P36)

 日銀の金融緩和による「円安」は、海外の資産家からすれば不動産物件の「値下がり」になる訳で、「デフレ脱却」と称して進められている「インフレ化」予測の中で、海外資産家の日本の不動産(土地、建物、街、山、島等の自然環境)への投資(購入)を促進しているようです。

 「『日本株と不動産をリサーチしに来た香港でも超のつく富裕層』は…具体的には、東京都心の住宅、オフィス、ホテル……『人気地域』からははずれる上野あたりまで足を伸ばすという抜かりなさである。…ゆくゆくは福岡等の地方都市の物件も見てみたいと、日本の不動産への興味は尽きないようである。」(同 P31)

 都市には交通網やショップや居住施設が整備され利便性が高く、治安がよく、水資源が豊富でどこでも水道水が飲める国。自然環境に恵まれ、おいしい食べ物と文化に恵まれた国。多くの国民は争いを嫌い、長期に平和が保たれている島国。JAPAN!!!

 そのすべてが「20%OFF」になったのですから、国境を越えて自由に移動する海外資産家にとってはモーレツな購買意欲をそそられるということでしょう。

 こうして日本の国土が「海外マネー」によって虫食い状態にされていくのかと考えると、私は「ナショナリスト」ではありませんが惨惨たる思いに駆られてしまいます。

c0138020_126987.jpg

c0138020_1264139.jpg



(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-01-17 12:15 | わたのはな
日本の貿易赤字の拡大
 昨日の都知事選ニュースの騒ぎの中で日経新聞夕刊に小さく日本の貿易赤字拡大の記事が載っていました。
 
 財務省が昨日発表した、2013年11月の国際収支速報によると、11月の貿易赤字が1兆2543円となり、1985年以来11月の過去最高であったとのこと。これを2013年の1月から10月までの貿易赤字の累計に加えると、日本の貿易赤字は1〜11月で10兆1243万円となり、ついに1年経たずして10兆円を超えたことになります。これは17ヶ月連続の赤字であり、「ジャパンアズナンバーワン」といわれた貿易黒字国は完全に貿易赤字国に転落したことになります。「株高」による「景気拡大」ばかりが報道されて、このような記事は話題にされないんですけど、国の経済力の低下として由々しき事態なんですけどね。

 また貿易赤字と所得収支を集計すると5928億円の経常赤字となり、10月の経常収支赤字の1279億円から4倍以上になることになり、増え続ける国債(借金)とともに日本株式会社の足下は「火の車」になりつつあることが見て取れます。

 日銀の金融緩和による円安が貿易赤字を拡大し、貿易赤字の拡大による国際収支の経常赤字が雪だるま式に拡大する行く先は……。とても、心配ですね。

c0138020_15284390.jpg



(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ




   


 
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-01-15 15:26 | わたのはな
「平成史」(小熊英二編著 河出ブックス刊)を読む。
 平成25年が終わり、平成26年に入りました。
 25年というと「四半世紀」です。早いものですね。
 昭和天皇がお亡くなりになって、元号が「平成」に変わったのは1989年。
 この年は横浜博覧会(YES89)があって、横浜の臨海部に「みなとみらい地区」(MM21)という新しい街ができ始めた年ですから、特に横浜にお住まいの皆さんには印象が強いと思います。
 
 この年は天衣無縫の母胎になっている(株)新藤という会社が和装小物の二次問屋から、タオル製品のメーカーとなり、数年後(1993年)にオーガニックコットン製品の製造卸小売業に業種業態転換をしていくきっかけになった年ですから、私たちにとっても大きな節目の年でした。
 
 「東日本大震災と福島第一原発事故を経て、これまでの二〇年とは何だったのかを確かめたい、という欲求は高まっているといえよう。『これまでの二〇年』とは、…『ジャパン•アズ•ナンバーワン』ともよばれた経済成長の時代のあと、バブル崩壊を経た経済停滞の二〇年である。」(前掲書3P)
 「『昭和』から『平成』への元号変化は、第二次世界大戦の指導者の生き残りが生物学的な生命を終えたことからおきた。ちょうどその時期に冷戦が終わり、冷戦に適合していた日本の繁栄が終わったのも、なかばは偶然であるが、なかばは必然ともいえる。その後の社会変化を描くのが『平成史』の役割となる。」(前掲書4P)

 これが著者の問題意識です。
 このような観点から著者は1955年前後/1973年前後/1991年前後/を戦後日本の時代区分とし、この第三の時代区分以降の「平成」を「工業化時代からポスト工業化時代への変化として『平成史』を概説し、さらにそこにおける社会意識の変遷を検証する」として、この書物の概要を説明しています。

 テーマは
 1、総説(小熊英二)
 2、政治(菅原琢)
 3、地方と中央(中澤秀雄)
 4、社会保障(仁平典宏)
 5、教育(貴戸理恵)
 6、情報化(濱野智史)
 7、国際環境とナショナリズム(小熊英二)

 執筆者は50代の小熊氏を理論的リーダーとし、専門分野を持つ30代から40代にかけての若手の社会学研究者ばかり。

 (株)新藤が創業52期目(半世紀)を迎え、業種転換のきっかけとなった横浜博覧会から25年(四半世紀)となり、オーガニックコットンを扱い始めて20年という節目の年でもあり、事業継承を含めた今後の事業戦略とあらたな長期ビジョンを描く上で、大変貴重な書物に出会えたと思っています。若い研究者のみなさんの労作に感謝です。

c0138020_20194936.jpg



(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ




   
[PR]
# by ten_i_muhou | 2014-01-12 20:22 | わたのはな
米国、量的緩和を縮小
 めまぐるしく変化する世界経済と政治(軍事)を見ていると、「生きる、暮らしを守る、人間らしく生きる」ために、グローバル経済圏から自立する市民と中小企業家のネットワークが必要になりそうです。

c0138020_956613.jpg


(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
[PR]
# by ten_i_muhou | 2013-12-21 09:56 | わたのはな
都市農業
 10年ほど前に出版された本ですが、10年後の横浜 (日本)に役に立ちそうです。


c0138020_9453739.jpg




 (written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
[PR]
# by ten_i_muhou | 2013-12-21 09:51 | わたのはな
首都直下型地震
 「考慮」したら、予想を超えた「被害規模の大きさ」に恐ろしくなってしまったので、「考慮せず」ということにしたんではないでしょうか?
 結局、政府や官僚組織に依存せず、我が身は自分で守るということが必要な世の中になってしまったということでしょうね。
 その意味で最近読んだ藻谷さんの「里山資本主義」はとても参考になりました。

c0138020_10574084.jpg


(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ



 
[PR]
# by ten_i_muhou | 2013-12-20 11:04 | わたのはな



オーガニック専門店 天衣無縫の社長ブログ
by ten_i_muhou
カテゴリー
天衣無縫各店ブログ始めました↓
天衣無縫日本橋店

天衣無縫二子玉川店

天衣無縫横浜店

天衣無縫二子玉川店

天衣無縫ソーシャル

天衣無縫本社


玉川店フェイスブック


オンラインストアフェイスブック

ソーシャル事業部フェイスブック


→ 天衣無縫web-shop

→ 天衣無縫ホーム

→natsuno hiraiwa

→hiromi nakashima

→Control Union

グリーンサファリPR
WWFの参加型自然保護プログラムに参加しています。

以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧