人気ブログランキング |
「乗るのが怖い」(長島一茂著/幻冬社新書)を読む
 大雪の日、若葉町の隠れ家で長嶋一茂さんの「乗るのが怖い(私のパニック障害克服法)」を読了しました。

 「今、パニック障害という病気に悩んでいる人は、いったい、どのくらいいるのだろうか?……私の感覚からすれば、百人いれば少なくとも四〜五人はパニック障害ならずとも、軽いうつなどの精神疾患に悩まされている。そして私もその一人である。」という書き出しで始まるこの本は、ミスタージャイアンツ長嶋茂雄さんのご長男にして、元プロ野球選手、長島一茂さんのご自身の体験に基づく「パニック障害克服法」であり、同種の病に苦しんでいる多くの人々への「生き方」の指南書です。

 第一章 私のパニックヒストリー
 第二章 孤独と飢えを味方にするススメ
 第三章 孤独と飢えを味方にする方法
 第四章 孤独と飢えを味方にする考え方
 第五章 もっと楽に生きるために/この病気と向き合って得たこと

 という目次からも明らかなようにこの書は、「孤独と飢えを味方にする」というキーワードにその内容が含まれています。

「一日一食、孤独と飢えが人間を強くする」(p82)
「一日、短時間でもいいから自分を孤独にする。」(p83)
「引き算をして、自分を削りシンプルに」(p90)
「親鸞上人の教え、自分を偽善者だと思う」(p92)
「医師や薬に頼る前に、自分がどうあるべきかを考える」(p143)
 ……………
 以上は奇しくも、20代後半に私自身が陥った「危機」を乗り越えて来た経験と全く共通するものでした。ヨガ、2週間の断食、一日一食主義、玄米菜食、麦飯減食法などなど。そしてこの体験が今日の天衣無縫のオーガニック事業に結びついてきたことを考えると、感慨もひとしおです。
 その意味でこの本は広義の「オーガニックな生き方」の参考書であり、ここには、同種の病に悩んでいるより多くのみなさまのみならず、現代を生きるすべての人々への応援歌でもあります。
 
 文章も簡潔で、読みやすいので、ぜひご一読をおすすめいたします。
 
c0138020_034386.jpg





(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 


 


 
by ten_i_muhou | 2014-02-17 00:24 | わたのはな
<< 東北コットンプロジェクトの総会... わが家のオーガニックライフ・食(1) >>



オーガニック専門店 天衣無縫の社長ブログ
by ten_i_muhou