スラブ糸
…スラブ糸ってどんな糸?

糸は、細いわた状の繊維を、平行に引き揃える作業を何回も繰り返し、これを合わせて引き伸ばし、それで真っ直ぐで均一な太さにするという工程でつくられますが、そのとき人工的な斑(ムラ)を作り出した糸が「スラブ糸」です。

つまり「スラブ糸」とは全体が「均一な太さではない糸」ということ。1本の糸に太いところと細いところがあるというわけです。

(この太い、細いは、製糸するときに、繊維を巻き上げているローラーの回転数を変えることでつくります)

デザイン上、織物の風合いに変化を与えたり、ふわっとした感じに仕上げたいときに使われれることが多いようです。
軽量なのに、ボリュームがあるという織物をつくるのも「スラブ糸」の得意技です。

天衣無縫のweb-shopへ
[PR]
by ten_i_muhou | 2007-11-02 22:10
<< スラブガーゼ ボーダータオル スラブガーゼ ボーダータオル 茶 >>



オーガニック専門店 天衣無縫の社長ブログ
by ten_i_muhou
カテゴリー
以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧