NHK新会長の「問題発言」
 25日のNHK新会長の就任会見での籾井勝人会長の「特定秘密保護法はしょうがない」「国際放送で政府の考えと真逆になることはない」「従軍慰安婦はどこにでもあった」…等の発言が波紋を広げています。
 どちらかというと正反対の論調になることの多い東京新聞と産經新聞が同時に一面でこの問題を取り上げていたので、添付しておきます。
 今回の問題はこのような人物がNHKという「公共放送」の会長に選ばれること自体に問題があると感じたので、NHK会長の「就任」がどのように行われるのかをちょっと調べてみました。
 まず「NHK」の組織について正式名称は「日本放送協会」といい、日本の放送法に基づいて設立された「特殊法人」で総務省(旧郵政省)が所管することになっています。
 その最上位に位置するものは「経営委員会」と「監査委員会」で、その次に「会長職」が位置するようになっているそうです。そして「経営委員長」がCEO(経営最高責任者)であり、会長はCOO(最高執行責任者)とされていますが、経営委員長が非常勤であることから、会長が実務の実権を持っているとのこと。(以上、Wekipediaより)
 さらに12人の経営委員が「両議院の同意を得て内閣総理大臣が任命する」ことから、今回の安倍政権と両議院のような関係になると、内閣総理大臣が意のままになる人物が会長に就任する可能性が大きくなるということです。
 なるほど、ですね。
 NHK人事と「特定秘密保護法」の強行採決は安倍政権からすれば不離一体の関係にあったのですね。とすれば、その「偏向」をどう防ぐかがさしあたっての課題ということですね。

c0138020_1204062.jpg



 (written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 


 
 
# by ten_i_muhou | 2014-01-27 01:23 | わたのはな
アジアの資産家の日本買い
 銀座の一等地のビルの競売や都心の億ションや不動産の売買にアジアの資産家の参入が増えているという情報が流れています。
 
 「アベノミクスの定着で、日本の不動産への期待が高まったこと、さらに何よりも円安に振れたことが大きい。シンガポールや香港の富裕層からすれば、今までよりも2割は安く購入できるようになったのだから、アジアの富裕層にとって日本の不動産は劇的に投資妙味が出てきた」(「週間ダイヤモンド1/18号」P36)

 日銀の金融緩和による「円安」は、海外の資産家からすれば不動産物件の「値下がり」になる訳で、「デフレ脱却」と称して進められている「インフレ化」予測の中で、海外資産家の日本の不動産(土地、建物、街、山、島等の自然環境)への投資(購入)を促進しているようです。

 「『日本株と不動産をリサーチしに来た香港でも超のつく富裕層』は…具体的には、東京都心の住宅、オフィス、ホテル……『人気地域』からははずれる上野あたりまで足を伸ばすという抜かりなさである。…ゆくゆくは福岡等の地方都市の物件も見てみたいと、日本の不動産への興味は尽きないようである。」(同 P31)

 都市には交通網やショップや居住施設が整備され利便性が高く、治安がよく、水資源が豊富でどこでも水道水が飲める国。自然環境に恵まれ、おいしい食べ物と文化に恵まれた国。多くの国民は争いを嫌い、長期に平和が保たれている島国。JAPAN!!!

 そのすべてが「20%OFF」になったのですから、国境を越えて自由に移動する海外資産家にとってはモーレツな購買意欲をそそられるということでしょう。

 こうして日本の国土が「海外マネー」によって虫食い状態にされていくのかと考えると、私は「ナショナリスト」ではありませんが惨惨たる思いに駆られてしまいます。

c0138020_126987.jpg

c0138020_1264139.jpg



(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
# by ten_i_muhou | 2014-01-17 12:15 | わたのはな
日本の貿易赤字の拡大
 昨日の都知事選ニュースの騒ぎの中で日経新聞夕刊に小さく日本の貿易赤字拡大の記事が載っていました。
 
 財務省が昨日発表した、2013年11月の国際収支速報によると、11月の貿易赤字が1兆2543円となり、1985年以来11月の過去最高であったとのこと。これを2013年の1月から10月までの貿易赤字の累計に加えると、日本の貿易赤字は1〜11月で10兆1243万円となり、ついに1年経たずして10兆円を超えたことになります。これは17ヶ月連続の赤字であり、「ジャパンアズナンバーワン」といわれた貿易黒字国は完全に貿易赤字国に転落したことになります。「株高」による「景気拡大」ばかりが報道されて、このような記事は話題にされないんですけど、国の経済力の低下として由々しき事態なんですけどね。

 また貿易赤字と所得収支を集計すると5928億円の経常赤字となり、10月の経常収支赤字の1279億円から4倍以上になることになり、増え続ける国債(借金)とともに日本株式会社の足下は「火の車」になりつつあることが見て取れます。

 日銀の金融緩和による円安が貿易赤字を拡大し、貿易赤字の拡大による国際収支の経常赤字が雪だるま式に拡大する行く先は……。とても、心配ですね。

c0138020_15284390.jpg



(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ




   


 
# by ten_i_muhou | 2014-01-15 15:26 | わたのはな
「平成史」(小熊英二編著 河出ブックス刊)を読む。
 平成25年が終わり、平成26年に入りました。
 25年というと「四半世紀」です。早いものですね。
 昭和天皇がお亡くなりになって、元号が「平成」に変わったのは1989年。
 この年は横浜博覧会(YES89)があって、横浜の臨海部に「みなとみらい地区」(MM21)という新しい街ができ始めた年ですから、特に横浜にお住まいの皆さんには印象が強いと思います。
 
 この年は天衣無縫の母胎になっている(株)新藤という会社が和装小物の二次問屋から、タオル製品のメーカーとなり、数年後(1993年)にオーガニックコットン製品の製造卸小売業に業種業態転換をしていくきっかけになった年ですから、私たちにとっても大きな節目の年でした。
 
 「東日本大震災と福島第一原発事故を経て、これまでの二〇年とは何だったのかを確かめたい、という欲求は高まっているといえよう。『これまでの二〇年』とは、…『ジャパン•アズ•ナンバーワン』ともよばれた経済成長の時代のあと、バブル崩壊を経た経済停滞の二〇年である。」(前掲書3P)
 「『昭和』から『平成』への元号変化は、第二次世界大戦の指導者の生き残りが生物学的な生命を終えたことからおきた。ちょうどその時期に冷戦が終わり、冷戦に適合していた日本の繁栄が終わったのも、なかばは偶然であるが、なかばは必然ともいえる。その後の社会変化を描くのが『平成史』の役割となる。」(前掲書4P)

 これが著者の問題意識です。
 このような観点から著者は1955年前後/1973年前後/1991年前後/を戦後日本の時代区分とし、この第三の時代区分以降の「平成」を「工業化時代からポスト工業化時代への変化として『平成史』を概説し、さらにそこにおける社会意識の変遷を検証する」として、この書物の概要を説明しています。

 テーマは
 1、総説(小熊英二)
 2、政治(菅原琢)
 3、地方と中央(中澤秀雄)
 4、社会保障(仁平典宏)
 5、教育(貴戸理恵)
 6、情報化(濱野智史)
 7、国際環境とナショナリズム(小熊英二)

 執筆者は50代の小熊氏を理論的リーダーとし、専門分野を持つ30代から40代にかけての若手の社会学研究者ばかり。

 (株)新藤が創業52期目(半世紀)を迎え、業種転換のきっかけとなった横浜博覧会から25年(四半世紀)となり、オーガニックコットンを扱い始めて20年という節目の年でもあり、事業継承を含めた今後の事業戦略とあらたな長期ビジョンを描く上で、大変貴重な書物に出会えたと思っています。若い研究者のみなさんの労作に感謝です。

c0138020_20194936.jpg



(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ




   
# by ten_i_muhou | 2014-01-12 20:22 | わたのはな
米国、量的緩和を縮小
 めまぐるしく変化する世界経済と政治(軍事)を見ていると、「生きる、暮らしを守る、人間らしく生きる」ために、グローバル経済圏から自立する市民と中小企業家のネットワークが必要になりそうです。

c0138020_956613.jpg


(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
# by ten_i_muhou | 2013-12-21 09:56 | わたのはな
都市農業
 10年ほど前に出版された本ですが、10年後の横浜 (日本)に役に立ちそうです。


c0138020_9453739.jpg




 (written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
# by ten_i_muhou | 2013-12-21 09:51 | わたのはな
首都直下型地震
 「考慮」したら、予想を超えた「被害規模の大きさ」に恐ろしくなってしまったので、「考慮せず」ということにしたんではないでしょうか?
 結局、政府や官僚組織に依存せず、我が身は自分で守るということが必要な世の中になってしまったということでしょうね。
 その意味で最近読んだ藻谷さんの「里山資本主義」はとても参考になりました。

c0138020_10574084.jpg


(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ



 
# by ten_i_muhou | 2013-12-20 11:04 | わたのはな
奥出雲オーガニックコットンが伊勢神宮に奉納されました。
 奥出雲でオーガニックコットンを生産している仲間たちが、奥出雲産のイセヒカリ有機米とともに奥出雲オーガニックコットンを伊勢神宮に奉納してくれました。
 伊勢神宮は20年に一度の遷宮で1200万人の参拝とのこと。
 
c0138020_20283592.jpg


 明けて今日。日本で唯一「オーガニック県」宣言をしている島根県で開催されている「しまねオーガニックフェア」に奥出雲オーガニックコットンで生産された天衣無縫の絣染めタオルが出品されました。
c0138020_20335823.jpg

 島根の奥出雲オーガニックコットンプロジェクトのみなさん、ありがとうございました!
 12月19日に横浜でお会いできることを、今から楽しみにしています。

 時代の大きな逆風の中で、私たちは日本の良き農業、工業、商業の伝統を継承し、足下からしっかりと未来への希望を一つ一つ積み上げていきましょう!

(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ



 

 
# by ten_i_muhou | 2013-12-07 20:43 | わたのはな
奥出雲オーガニックコットンの繊維長がわかりました!
 今年収穫された3種類の奥出雲オーガニックコットンの繊維長がわかりました。

 
c0138020_2049922.gif


1、一番上がアップランド種(アカラ種) 28〜30mm

2、真ん中がスーピマ種(超長綿)     35mm

3、一番下がスビン種(超超長綿)     40mm

いずれも良質な繊維でした。

いよいよ新年度の奥出雲オーガニックコットンの製品化が始まります!



(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
# by ten_i_muhou | 2013-11-29 20:53 | わたのはな
東北コットンの農場でお米がとれました!
 3.11東日本大震災の津波で破壊され、塩害被害を受けた東北コットンの荒浜農場で、一般農業が復活し、お米がとれました!

 今年は天候不順と人手不足で綿の栽培は今ひとつでしたが、塩害に強い綿花栽培で土壌改良が進み、一番大事なお米の収穫ができたことは、何よりもうれしいニュースでした。

c0138020_10492720.jpg

c0138020_1049476.jpg


東北コットンプロジェクトの当初の目的は次の三つでした。

1、農業再生
2、雇用創出、
3、新産業創出による地域復興

 そして私たち(私)支援者の立場は、震災の打撃を受けた被災地の皆さんの望むことに、無条件でできる限り応える。ということです。

 東北コットンプロジェクトは、いろいろ課題を抱えながら、着実に前進しています。
当初の目的を掲げ続けて、最後まで一人の脱落者も出さずに活動を続けたいと願っています。

(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
# by ten_i_muhou | 2013-11-25 11:00 | わたのはな
natsuno hiraiwa さんの冬の展がはじまります。
 天衣無縫でいろいろお世話になっているファッションデザイナーnatsuno hiraiwaさんの冬の展が吉祥寺でひらかれます。
 
c0138020_9484622.jpg

 
c0138020_9491353.jpg

 今回は近隣のオーガニックカフェ「ヒトト」にて
 
 ★藤川孝之さんの「ドローイング、コラージュ、素描の展」

 ★青木隼人さんギター演奏会
 
 ★竹内紙器製作所さんの箱の展示と販売会
 
 などが同時展開され、吉祥寺駅周辺で短期間の新たなカルチャームーブメント的な催しとなるようです。

 私は家族とともに、11月30日(土)にお邪魔する予定です。
 
 丁寧なものづくりをされているnatsuno hiraiwaさんの冬の展をふくむ吉祥寺の多様な催しで、多くみなさまのすてきな出会いがありますことを……。



(written by わたのはな)


natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。


オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
# by ten_i_muhou | 2013-11-22 10:07 | わたのはな
東北コットンプロジェクトの収穫祭に行ってきました。
 11月15日夜より18日まで3日間、鹿島台の「第二の実家」に泊めてもらいながら、東松島と仙台市荒浜の東北コットンの収穫祭に行ってきました。

 東松島圃場は農場主イーストファーム宮城さんに加えて近隣の仮設住宅の皆様やプロジェクトメンバー、各地のボランティアの方々で約300名。
 
 荒浜圃場は荒浜アグリパートナーズさんに、プロジェクトメンバー、各地のボランティアに加えて地元中学校の生徒さん200名で、合計400名の参加でした。

 綿花栽培の専門家、大正紡績近藤部長のお話では、東松島圃場は数カ所で約400kgの見込み。
 荒浜圃場は土壌の改善が進まず、それに天候不順が加わって、路地栽培がほとんど見込めず、ハウス栽培を加えて200kg弱とのこと。
 耕谷アグリサービスが運営する名取圃場は、当初からボランティアを歓迎しても依存しない自立経営の方針に基づいて露地栽培とハウス栽培で過去最高のできとのことで、400kg以上の収穫が期待されるようです。

 昨年は全部合わせて約450kgでしたから、今年はその2倍くらいの見当でしょうか?

 12月から1月にかけて、ハウスで開くものを合わせて糸を作りますので、1月以降で3年目の製品化が始まります。

 今年は3年目の3•11に新商品の発売を間に合わせていと考えています。プロジェクトの皆さんの足並みが揃うかどうか微妙ですが、努力したいと思います。
 
 東松島圃場写真を貼付します。
c0138020_16593164.jpg

c0138020_16595879.jpg

c0138020_171320.jpg

c0138020_171528.jpg

c0138020_1721735.jpg

c0138020_1732935.jpg


 次に荒浜圃場の写真です。
c0138020_1745697.jpg

c0138020_1752391.jpg

c0138020_1762096.jpg
c0138020_1755779.jpg
c0138020_1754221.jpg

c0138020_16344757.jpg

c0138020_16384028.gif


3年目を迎え、課題山積みですが
1、農業再開
2、雇用創出
3、新産業創出
という大きな目標をかかげて、東北コットンロードは続きます!

(written by わたのはな)

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
# by ten_i_muhou | 2013-11-19 17:10 | わたのはな
奥出雲オーガニックコットンが記事になりました。
「山陰経済ウィークリー」最新号に奥出雲オーガニックコットンの記事が掲載されました。

c0138020_16392393.jpg


c0138020_16385660.jpg



(written by わたのはな)

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
# by ten_i_muhou | 2013-11-11 16:41 | わたのはな
管理会計ゼミの修了証書をいただきました
年初から始まったスモールサンの「東京管理会計研究会」(基礎編)の修了証書をいただきました。

c0138020_10243393.jpg


 企業会計には、大きく分けると「財務会計」と「管理会計」があると言われます。

 一般に銀行から融資を受けたり、大企業と新規取引をするときに提出する決算書(主に貸借対照表と損益計算書で構成される)は「財務会計」。つまり財務会計は株主、銀行、取引先、国、地方公共団体等の利害関係者に会社の内容を「過去から現在までのデータ」で報告するための諸表です。

 これに対して「管理会計」は「財務会計」のデータをふまえながら、会社のビジョンや計画(数値目標)を達成するための「現在から未来に向けた実践的な基準」となる会計を指します。

 今のように経済情勢がめまぐるしく変化する時代には、経営者が迅速な意思決定をするために不可欠のデータとなります。その意味で財務会計のように法的な規制はなく、その企業の責任者、指導者が扱いやすい方法でまとめればよいということが基本です。

 以下は1年間の研究会終了時に卒業レポートとしてまとめた文書の一部です。研究会の総括の意味で記録しておくことにいたしました。

c0138020_10263076.jpg

c0138020_10302311.jpg

c0138020_10273950.jpg

c0138020_10315318.jpg



(written by わたのはな)

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
# by ten_i_muhou | 2013-11-10 00:04 | わたのはな
等身大肖像画アート展 2013
 横浜博覧会の頃(というともう25年前になりますね)知り合った真広交繊の杉山さんから「障害のある人たちが描く、等身大肖像画展」のオープニングパーティの招待券をお送りいただきました。

 日時:2013年11月12日(火)〜16日(土)10:00〜17:00
    *初日は17:30から。最終日は12:00まで。
 場所:横浜グランドインターコンチネンタルホテル

 2009年から、毎年2回位行われている展示会です。できる限り見に行くようにしています。
今年もオープニングパーティは用事が重なって参加できませんが、どこかで時間を作っていきたいと思っています。

c0138020_19545748.jpg

 

 「障害者問題」については、先日、横浜中華街で行われた中小企業家同友会「第17回障害者問題全国交流会」の最終日に行われた湯浅誠さんの講演内容がずっと気になっています。

 この交流会は全国45都道府県から約700名の中小企業経営者が参加して、「障害者雇用」を拡げるための学習会であり実践交流会でもありましたが、湯浅さんには「全員参加型社会をめざして」という表題で約1時間半の講演をしていただきました。

 湯浅さんはホームレスや障害者や引きこもりの人々と、25年以上、向き合ってきたご自分の経験から、彼らと接する側(企業)の「対人対応能力」を養うことの大切さを説かれていました。

 自分と異質な存在に接した時の、自分の中にある「つきあい方がわからない不安」を、相手の問題にせずに、自分の未熟さととらえて「自分に向けて問いをたてられる人」に成長の可能性があり、その「引き出し」を増やすことができる人が増えていくと「全員参加型社会(ひっくり返すと『会社』)」への道が開けるのではないか、というお話。

 逆にそれを相手側の問題にしてしまうと、自分以外の人との人間関係(つまりは社会関係)におけるその人自身の成長が止まってしまい(「対人対応能力」が養えない)。その結果「全員参加型社会」は遠のいてしまう。
 
 1990年代から「グローバリズム」の嵐の中で言われてきた「自己責任論」の問題点は、結局そういうところにもあるかもしれませんね、

 そんなことを思いながら、今年も「障害のある人たちが描く等身大肖像画アート展」に行ってきます。


(written by わたのはな)

natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
 
# by ten_i_muhou | 2013-11-04 17:20 | わたのはな
奥出雲オーガニックコットンの収穫が始まりました。
 一昨日より、奥出雲でオーガニックコットンの収穫が始まりました。
次回の11月13日には私も参加しますが、急に寒くなってきましたので、実が全部が開くのは困難かもしれません。
 できるところまで収穫して残りは自然乾燥、または温室で開かせるということになるかもしれません。農業はその土地に作物が合うかどうかがわかるまで時間がかかりますね。
 最低3年は実験栽培で、形になるまで5年、事業として成り立つまで10年くらいかかるのかもしれません。

 元々オーガニックは「ファストファッション」の対局にあるものですから、「急がば、回れ!」でちょうど良いのですね。日本には「石の上にも3年」とか「桃栗3年柿8年」とか「梅はすいすい13年、柚子は大ばか18年」とか、更には「林檎ニコニコ25年」とか「女房不作は60年、亭主不作はこれまた一生」とかいろいろありますもんね。

 という訳で奥出雲オーガニックコットン2年目の第一回目の収穫の模様です。

c0138020_16455669.jpg

c0138020_16455528.jpg


(プロジェクトメンバー内田咲子さんの写真をお借りしました。)

(written by わたのはな)

natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
# by ten_i_muhou | 2013-10-31 16:48 | わたのはな
Biofach Japan(オーガニックEXPO)に出店します!
 来る10月31日から11月2日まで、東京ビッグサイト東第一ホールで行われるBiofach Japan オーガニックEXPO2013に出展します。

 来年春夏向けオーガニックリネン使いの新商品(2014SSコレクション)を展示します。関心のある方は、ぜひご来場ください。

 入場料がかかりますが、会場でご連絡いただければ、入り口近くに出展していますので「招待券」を差し上げますので、遠慮なくご連絡ください!(31日午前中、1日午後は私も会場内に出没しています)

c0138020_1956057.jpg



(written by わたのはな)

natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ

 
# by ten_i_muhou | 2013-10-29 09:59 | わたのはな
奥出雲の暮らしと仕事を考えるミニフォーラム
 10月26日(土)に行われた「奥出雲の暮らしと仕事を考えるミニフォーラム」に参加しました。
参加者約40名。奥出雲町、島根、東京、横浜、岩手など全国から奥出雲に縁のある若い方々が上記のテーマに基づいて様々な個別テーマでグループセッションを行いました。

 ★2005年  15800
 ★2010年  14800
 ★2015年  13900
 ★2020年  12000
 ★2030年  10000割れ

 これは奥出雲町の人口推移予測です。
このような予測データにたいする危機感を共有しながら、平均年齢30歳以下と思える若い皆さんが活発な議論を交わし交流を深めました。その議論を含めて私の期待をこめた未来予測は来年度から奥出雲町は人口増に転じるというものです。

 理由は以下の6つの要素です。
1、水と空気が私が知るどの地域よりもうまい。
2、古代からの「たたら製鉄」が現在も続いている。(土の養分が豊か)
3、子供から老人まで出会った人(初対面の人にも)に笑顔で挨拶する習慣がある。
4、スサノウ伝説にもあるように女性が魅力的
5、温泉と人情と歴史文化に恵まれた土地柄
6、様々な有機農業グループや女子会などに結集する若者のパワーが強い。

 私自身は二年間の「奥出雲オーガニックコットンプロジェクト」の活動の中で奥出雲町を自分の「明日の故郷」と決めるに至っています。

 以下は先日のミニファーラムに参集した皆さんの写真です。

c0138020_14353712.jpg


私の「明日の故郷」奥出雲町の未来に幸あれ!!!

(written by わたのはな)

  
# by ten_i_muhou | 2013-10-28 14:39 | わたのはな
同友会の障害者問題全国交流会に参加しました。
 24日、25日の二日間。
横浜で行われた中小企業家同友会「障害者問題全国交流会」に参加しました。
交流会は初日の分科会と二日目の湯浅誠さんの講演会で構成されました。
参加者は当初予想の500名をはるかに超える700名となり、中小企業家同友会参加企業家の問題意識の高さを裏付けるものでした!
c0138020_9411929.jpg

c0138020_9422393.jpg

特に最終日の湯浅さんの「対人対応能力を養う」という問題提起は「全員参加型社会」を構築して行く上で大変重要なキーワードと考えています。
この点については改めて考察したいと思います。

(byわたのはな)
# by ten_i_muhou | 2013-10-26 09:47 | わたのはな
中小企業家同友会障害者問題全国交流会に参加します。
 本日から明日まで横浜関内で行われる中小企業家同友会の障害者問題全国交流会に参加します。
全国から500名の中小企業家が参加します。

c0138020_11255693.jpg

c0138020_11261395.jpg

c0138020_11262790.jpg


明日は午前中に湯浅誠さんの記念講演もあります。
後日内容を報告します。
では行って参ります!


(written by わたのはな)

natsuno hiraiwa さんのホームページはこちらです。

新田渉世公認ファンクラブ「新田渉世〜あしたをつくる会」のホームページはこちらです。

東北コットンプロジェクトのホームページはこちらです。

オーガニックコットン専門店 天衣無縫のホームページへ
オーガニックコットン専門店 天衣無縫のオンラインストアへ
# by ten_i_muhou | 2013-10-24 11:28 | わたのはな



オーガニック専門店 天衣無縫の社長ブログ
by ten_i_muhou