今年のアルバレス農場から
スラブガーゼタオルや、スーピマエンジェルタオルなど、天衣無縫の製品は原料の糸からオリジナルでつくるケースが多いのですが、その難しい注文にいつもこころよく応えてくださる大正紡績の近藤部長から、今年のアルバレス農場の収穫風景の写真が送られてきました。
c0138020_9295556.jpg

天衣無縫の人気商品はすべて、綿花の種を開発しているサリーフォックスさんや、綿花を栽培するアルバレスさんや、日本のオーガニック糸作りの第一人者である大正紡績の近藤部長のお仕事に支えられて出来上がってきたものです。

c0138020_9412857.jpg








サリーさんと近藤部長
右下はアルバレスさんc0138020_1002448.jpg


サリーさん、アルバレスさん、近藤さん
今年一年、お世話になりました。
本当にありがとうございました。
天衣無縫は来年もがんばりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

(written by わたのはな=Representative)

天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-12-31 09:54
中島さんからの手紙
以前ご紹介したベンガラ染めのスラブガーゼタオルについて、ベンガラ染め「古色の美」の開発者中島留彦 さんからお手紙をいただきました。

ご本人のご了解を得ましたので以下に、その一部を紹介させていただきます。

「私がつくり出している、日本古来の色、古代色であるベンガラ(天然無機顔料、酸化鉄)を使ってどのような形で、商品が出来上がってくるのか毎日が楽しみとうれしさでいっぱいです。
…その中でも「わたのはなさん」から今回送っていただきましたタオルの風合いが、わたしが追い求めております「古色の美」にぴったりあっており感激です。私の「古色の美」は日本の精神の「わび、さび、こび」を意識したものです。「わび、さび」はよく耳にすると思いますが、「こび」は今なかなか聞かなくなりました。それはどのようなものかと言いますと、物が朽ちていき、たとえば、陶器のわれは肌にみられる、風合いや鉄板が自然に錆びていくようなものや、土地の地層の断面にあらわれる、時代が創りだす「美」うつくしさであります。

追伸 『チルチンびと』で何度かベンガラ塗りで紹介していただきました。33号P80~P82、P120~P122にも記事が掲載されています。」

中島留彦さんのベンガラ染めのホームページをご紹介します。

→中島さんのホームページ

(written by わたのはな=Representative)

天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-12-30 00:44
「天衣無縫」玉川店からのお知らせ
12月25日まで
玉川高島屋全館で「ホワイトエンジェル・クリスマスフェア開催中!」

天衣無縫玉川店ではフェア期間中はもちろん、今月末までにクリスマス用、御年賀用 、ギフトを3,150円以上ご購入頂いたお客様に、無料ラッピングと天衣無縫オリジナルエコバックをプレゼント致します!
ギフトにぴったりな新作タオルやベビー用綿毛布なども入荷して参りました☆お待ちしております♪

お問合せ:天衣無縫 玉川店 TEL 03-5491-2250

(written by yura=store clerk:TAMAGA-TEN)

天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-12-23 19:49 | 玉川店
スラブガーゼ新色 ベンガラ染め
定番人気商品のスラブガーゼに、新色を発表しました。

今までのホワイト、ブラウン、グリーンに加わった新色は、ピンク、イエロー、グレー。今回、加わった3色はベンガラ染めです。

c0138020_21522061.jpgベンガラは漢字で書くと紅殻。酸化鉄の顔料です。
地球の地殻の主要成分は鉄ですので紅殻は大地の色。古来より世界各地で「生活になくてはならないもの」として、木材保護、彩色顔料として使用されてきました。


今回、新製品として加わったベンガラ染め。その染色法を開発したベンガラ職人の中島さんが住む大阪府羽曳野市古市には、昔から、防虫のため、紅殻に菜種油を混ぜて綿を染めるという習慣があったそうです。

一般に、顔料による染色は堅牢度が低いといわれますが、中島さんは、開発されたベンガラ染めは、色落ちしないよう紅殻の粒子を綿の中に入り込む大きさになるまで乳鉢でひたすら擦るなど、日本の伝統技法をいかしながら、現代の生活に応えていくための工夫を重ねられています。

(written by わたのはな=Representative)

天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-12-08 21:15
玉川店 収穫祭 開催中
11月23〜25日の3連休には玉川店にも沢山のお客様に御来店頂きました。
お店の奥からトントンと響いてくる手織機の音に立ち止まってくださるお客様も増え、特にお子さまには大人気!

「鶴の恩返しに出てくるよね〜!織ってみたい!」

c0138020_14405486.gif僕も私もと積極的に参加していただきました。
親御さん達も「こうやって布が出来るんだよ。凄いね〜」と話して下さり、少しでも興味を持って下さったことにスタッフも嬉しくなりました!
このイベントは来月2日(日)まで開催しております。是非、遊びにいらしてください!


(written by yura=store clerk:TAMAGA-TEN)

天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-26 14:41 | 玉川店
玉川店「収穫祭」始まる
c0138020_20173347.gif今日は機織実演の初日。本日の織姫は美大の学生さんです。

実演中には、カタン、カタン、キー、とかわいらしい音がします。木の音はまるみがあって、耳に優しくひびきます。
時折、お客様が足を止めて機織りの様子をご覧になったり、織姫に話しかけてくださったり…

実演中には、お声をかけてくだされば、実際に体験していただけます。興味のある方はぜひ体験していただければと思います。

今後の実演の予定は、11月23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)、12月1日(土)、2日(日)各日、午前11時から午後6時までです(途中休憩時間があります)。

(written by yura=store clerk:TAMAGA-TEN)

天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-19 20:19 | 玉川店
織機搬入 ー 玉川店より ー
c0138020_20141154.gif11月15日からの「収穫祭」イベントにそなえて、閉店後に手織機を搬入しました。レイアウトも少し変更し、売り場の雰囲気がいつもとちょっと違います。

木で作られた織機は、初めからそこにあったように、お店の内装と合っています。


(written by yura=store clerk:TAMAGA-TEN)

天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-13 20:10 | 玉川店
世界のオーガニックコットンの収穫状況
c0138020_20355928.jpg世界の綿花生産の10%をオーガニックコットンに転換することを目的として活動しているオーガニックエクスチェンジ(米国オークランドのNGO団体)によると、2005〜2006年のオーガニックコットンの生産量は37,773トンであったが、2006〜2007年はその50%増の57,900トンになったとのこと。

(ちなみに2004〜2005年から2005〜2006年は49%増)

その主要生産国はトルコ、インド、中国、ペルー、アメリカ、シリア等。また2007年7月の期末在庫は約9000トンということですから、前年対比50%の生産量増加が極めて、効率のよい回転率(需要)に支えられていることを示していると言えます。

(written by わたのはな=Representative)

天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-09 20:40
株式会社 新藤
天衣無縫、Koutoを運営する株式会社 新藤は、和装小物店として創業し、以来、日本各地の優秀な技能職とのコネクションを保ってきました。

1993年、そうしたファンディションを礎に、このジャンルの草分け的存在として、オーガニックコットンを素材とする織物製品の企画・製造を始めました。
1996年には、百貨店インショップの第一号店をオープンし、企画→製造→販売を一貫して管理する体制を構築し、その後、さらに商品トレーサビリティを徹底させながら、お客様にオーガニックなライフスタイルを提案する総合メーカーとしての基盤を確立してきました。

現在、「天衣無縫」ブランドとして、都内に日本橋高島屋、玉川高島屋SC、横浜には、横浜高島屋と港南台高島屋にショップを展開。さらに大阪では、近鉄百貨店阿倍野本店に、姉妹ブランドショップ「kouto」を出店しています。

(written by わたのはな=Representative)

天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-03 00:00 | 日本橋店
原料生産からお客様のお手元に届けるまで
オーガニックな農業生産物は、化学的に収穫量や原材料の質をコントロールするものではありません。それ故、年ごと、あるいは地域ごとに作物の作柄も違ってきます。

天衣無縫(株式会社 新藤)は、たえずアメリカ、インド、ペルー、エジプト、中国などの綿花産地からの情報を取得し、織物の特性に合わせて、最善の素材を選択できる体制を整えています。

加工においても、糸づくりから、織り、染め、縫製など、すべての工程にかかわる技能職と協議し、オーガニックであることの精度とオリジナリティの高い、より良いオーガニック製品を最終のお客様にお届けする努力を続けています。

(written by わたのはな=Representative)

天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-02 23:55 | 日本橋店
玉川店から
玉川店の床や什器には国産「檜(ひのき)」材を使用。壁には、臭いやホルムアルデヒドなどの有害物質を吸収してくれる作用を持つホタテ貝の貝殻粉を塗布してあります。

c0138020_8182095.jpg1969年、日本初の本格的郊外型ショッピングセンターとして誕生し、新しいライフ・スタイルを提案してきた玉川高島屋SC…その南館で、タオル、婦人ウェアー。ベビー用品から化粧品まで、多面的に「これからのオーガニックライフ」を提案させていだたく…それが天衣無縫玉川店のコンセプトです。

この6月には「石けん講習会」を、9月には「藍染めワークショップ」を開催させていただきました。商品を販売するだけでなく、あらゆる面からオーガニックな情報を発信し、お客様と一緒に、オーガニックライフを楽しみ、味わう…スタッフ一同、お客様とのコミュニケーションを何よりも大切にしていきたいと考えています。

11月には「収穫祭」ということで今年収穫される綿花や新作商品を取り揃え、手織機による実演なども予定していります。
ぜひ一度、玉川店にも足をお運び下さい。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

(written by yura=store clerk:TAMAGA-TEN)


天衣無縫 玉川店
玉川高島屋SC南館4F
am10→pm9
phone 03-5491-2250


天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-02 23:50 | 玉川店
日本橋店から
c0138020_3374057.jpg天衣無縫日本橋店は
日本橋高島屋7階“バス用品売場”レジカウンターの、すぐ側にあります。

少し小さめの店舗ですが、タオル、ケット、ウェアー、インナー、石けんなど、他店と変わらぬ、天衣無縫のフル・ラインナップの品揃え。『天衣無縫』の想いが、ぎゅっと詰まった店舗です。

たいせつに育てられ、たいせつにつくられたものたちの風合いを、お客様の手でお確かめください。私たち、スタッフは、一人一人のお客さまに、ゆっくりと御覧いただけるける、ゆとり、空間をつくっていければ‥と考えています。

ご進物のご相談や、商品についてのご質問、また『オーガニックコットン、聞いたことはあるけど実際使うのは初めて、どんな感じかな?』など、どうぞ、お気軽にスタッフへお声かけ下さい。

心より、ご来店をお待ち申し上げております。

(written by バク=store clerk:NIHONBASHI-TEN)

日本橋高島屋7F
am10→pm8
phone 03-3272-2898


天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-02 23:45 | 玉川店
横浜店から
天衣無縫横浜店は、横浜駅西口よりすぐの横浜高島屋7階バストイレタリー(タオル)売り場にお店があります。

中央エスカレーターより上がって来て頂くと綿のディスプレイが目印になります。オーガニックコットンタオル中心ですが、ウエア、石鹸、インナー、雑貨類も取り揃えております。

c0138020_7491166.jpg最近の人気商品はス−ピマエンジェルというタオルです。天使の羽のような軽量感、柔らかさのこのタオルは、ぜひ一度、直接、お手にとっていただき、オーガニックコットンならではの優しさを感じてみてください。
内祝いや、出産祝いなどの贈り物にも適しています。



天衣無縫 横浜店
横浜高島屋7F
am10→pm8
phone 045-323-2343


天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-02 23:40 | 玉川店
大阪 Kouto(こうと)から
「天衣無縫」の姉妹店「Kouto」は「天衣無縫」ブランドを取扱う、関西で唯一のオーガニックコットンの総合ショップです。

「Kouto」は「天衣無縫」ブランドの関西進出一号店として、2年前に大阪天王寺駅前の近鉄百貨店阿倍野本店6階にオープンしました。

c0138020_22484351.jpg

オーガニックコットンのタオルは勿論、かわいいベビーグッズからインナーウェア、アウターウェア、それに秋冬の新作商品を豊富に取り揃えています。
その中でスタッフ一押しのスーピマ綿シリーズのタオルは、肌触りバツグン!! まずはこの柔らかさを実感してみて下さい。みなさまのご来店をお待ちしております。

「Kouto」【こうと】とは京都の古い言葉で、けばけばしい絢爛豪華さとは対極にある清楚な美意識を指した言葉です。

近鉄百貨店阿倍野本店6F
am10→pm8
phone 06-6628-5616


天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-02 23:35 | 玉川店
「天衣無縫」港南台店へようこそ!!
「天衣無縫」港南台店へようこそ!!
「天衣無縫」港南台店は、横浜の円海山に囲まれた緑豊かな街、港南台駅前の高島屋4階にあります。
お休みの日や、お勤めのお帰り、お散歩がてらに気軽にお立ち寄り下さい。「天衣無縫」港南台店のアットホームな雰囲気をきっと気に入っていただけると思います。
わいわいがやがやスタッフとのおしゃべりを楽しみながら、オーガニックコットンをごゆっくりご覧下さい。

ご来店をお待ちしております。

港南台高島屋4F
am10→pm7
phone 045-832-4466


天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-02 23:35 | 玉川店
オーガニックということ
○3年以上 有機肥料で養生された畑で育てる…
○殺虫剤を使わず、天敵となる虫を利用する…
○枯葉剤も使用せず、水を断って自然に枯れるのを待ち収穫する…
○糸や生地に加工する際にも、化学薬剤の代わりに、蜜蝋や小麦粉、菜種油などを用いる…

これが、天衣無縫のオーガニックであることの定義ですが、このことをどう捉えていくかというのが問題です。

化学的な肥料や農薬を使わない期間を「最低3年」と考えるのか、あるいは「3年、有機肥料で養生されたんだからよい」と考えるのか…

そもそも綿の収穫というのは重労働ですから、生産者の方々の理解を得るためには、それ相応の努力をしなければなりません。そうした努力を疎かにして、ただ「厳しく監理する」だけで安全で、安心な作物をつくってもらえるかどうか…

糸をつくる、織物を織る…生産工程においても、オーガニック素材は、その天然さ故に技能職泣かせ…そこのところを一生懸命、お願いする。ご苦労を真摯に受け止める…

結局、人と人の繋がりをどれだけ大切にするか…

天衣無縫は、それこそがオーガニックだと考えています。

天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-02 23:25
オーガニックな農業、ものづくり
オーガニックな素材づくり、ものづくりをチャート図にしてみました。
c0138020_6335019.gif


天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-02 23:20
横浜店イベント”オーガニックな暖かい暮らし”始まる。
今回のイベントにちなんで、横浜店にて先行発売させていただいた新色のスラブガーゼタオル(ピンク、グレー、イエロー)、おかげさまで好評をいただいております。
新発売のカットソーや草木染めガーゼマフラー、こちらの方も売れ行き好調。ガーゼタオルに来年の干支の刺繍をあしらった「干支タオル」についても、大きな注文をいただけそうです。ありがとうございます。

c0138020_21243359.jpg

この秋の自信作をみなさまにご紹介するイベント。今週末にも手織の実演を予定しています。ぜひ、お立ち寄りください。

※横浜店イベント”オーガニックな暖かい暮らし”
 横浜高島屋バストイレタリー売り場のイベントスペースにて
 11月13日まで開催

c0138020_21265043.jpg






(written by わたのはな=Representative)

天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-02 23:15 | 玉川店
玉川店イベント「収穫祭 〜季節を織る〜」
自然の恵みをいっぱいに、今年もオーガニックコットンが収穫されます。
玉川店では、11月15日(木曜日)から、今年の実りに感謝して、イベント「収穫祭 〜季節を織る〜」を開催させていただきます(12月2日:日曜日まで)。

期間中、週末には、ショップ内で手織りの布の実演を行う予定です。一枚の布が織り上げられていく工程に触れることで、さらに、そのあたたかさを知ることができるのかもしれません。私たちも楽しみにしています。

やさしくて、柔らかな素材をいかした新作ウエアやタオルたちといっしょに、みなさまをお待ちしています。

(written by yura=store clerk:TAMAGA-TEN)

天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-02 23:10 | 玉川店
横浜店イベント“オーガニックな暖かい暮らし”
10/31から11/13まで、バストイレタリー売り場のイベントスペースにて“オーガニックな暖かい暮らし”というイベントを行っています。秋冬新商品ウエア、タオル、雑貨類も揃います。
お時間がございましたらぜひお立ち寄りください。

天衣無縫のweb-shopへ
# by ten_i_muhou | 2007-11-02 23:05 | 玉川店



オーガニック専門店 天衣無縫の社長ブログ
by ten_i_muhou